社員を知る

総務事務

総務事務採用 半田未来 自分から発信することが大切 信頼される総務担当者を目指して

仕事内容を教えてください仕事内容を教えてください

仕事内容を教えてください 支店の総務課での私の仕事は、大きく2つあります。お金を扱う「出納」と、「人事庶務」の仕事です。
出納は、事務所や展示場の家賃、電気代の振込み、パートタイムで働く方のお給料や備品の購入などの経費の支払い、業者の方や社員への経費の精算など、支店のお金の管理です。
人事庶務では、勤態管理や健康診断の管理、育休や退職する社員の手続き、パートタイムやアルバイトの契約手続き等、支店内の社員の様々な手続きを行います。個人情報も含まれている内容なので、その点を意識しながらコミュニケーションをとって仕事を進めるようにしています。
具体的な一日の仕事の流れは、まず、支店に届く郵便と宅急便の振り分け、銀行関係の書類の準備をして、本社に提出するものから順番に書類をそろえます。そして、銀行など社外の人が関わる仕事をしてから、社員の立替払いの返金手続、勤態チェック、パソコン入力作業等をします。電話応対や急に頼まれた仕事への対応もします。支店社員全員に関わる仕事なので、名前と顔が一致しないと仕事が進みません。入社当初は職場に慣れるのも大変でしたが、先輩について業務を行い、一つひとつ丁寧に教えてもらいました。

仕事のやりがいや
喜びについて教えてください
仕事のやりがいや喜びについて教えてください

仕事のやりがいや喜びについて教えてください 京葉支店では、障がいのある人が入社するケースは、私が初めてでした。最初は社員の皆さんは、私が何に困っているのか、大丈夫なのかを判断するのは難しかったでしょうし、どこまで手伝えばいいのか分からず、直接聞きづらいところもあったと思います。私は高い所に手が届かないので、コピー機などに踏み台が必要でした。そういうことが言いづらい環境ではないので、私がリクエストすると問題はすぐに解決。働きやすい環境を整えることができました。
上司をはじめ皆さんが、分け隔てなく接してくれ、私からの発信を受け止めてくれる社風だと感じています。また、支店の社員だけでなく、他の支店で同じ業務を担当している方との情報交換や、本社とのやり取りを通じ、業務を効率的に進めるヒントを教えてもらうことが多々あります。「急ぎで」と、急な仕事を頼まれることもありますが、そんな時は、プロとして仕事を任せられていると思うと、やりがいを感じます。また、保険等に関して質問を受けたとき、調べて答えるとお礼を言われることもあります。仕事とはいえ、そんな時は嬉しいですし、もっと頑張ろうという意欲が湧いてきます。

「まだまだ、もっとできる。」
と思ったエピソードを教えてください
「まだまだ、もっとできる。」と思ったエピソードを教えてください

大学で福祉を学んでいました。子供からお年寄りまで様々な人が生活する「家」をつくる仕事には、今まで自分が経験したこと、学んできたことが活かせると思ったのが入社の動機です。
営業や設計・現場監督とは違い、総務の仕事では直接お客様と関わることは少なく、仕事の結果が直接「家」という形で現われることはありません。でも、給与や社会保険、健康診断といった社員の生活に欠かせない仕事を通して、間接的に、お客様のために役立っていると感じています。
偶然取り次いだお客様の電話が、契約にまで結びついたこともありました。電話一本の対応でも、結果が大きく変わるので、常に意識して大切にするようにしています。また、現状をよりよくするために、小さなことでも気づいたことを実行に移すようにしています。たとえば、提出された書類が間違っていたら、誤りを訂正するだけでなく、「今回はこうなっていたけれど、今後はこのようにしてください」と伝えるようにしています。訂正する手間が省けるだけでなく、社員も間違った書類を提出することがなくなります。

今後の目標を教えてください今後の目標を教えてください

今後の目標を教えてください 入社当時から、手伝っていただけるところは手伝ってもらい、それ以外では甘えないようにして、与えられた仕事はきちんとこなしたいと思っています。
社会人になる前に接してきた先生や友人たちは、私がどうしてもできないことは手伝うが、できることは「それはできるよね」と、暗黙の了解という感じで自然に接してくれました。実際に自分でできることを手伝ってもらうことで、かえって自分がやりづらくなることもあります。何より、やってもらうばかりでは自分自身が成長しません。
仕事をする上でも、「ここまででいいや」、「これでいいや」と線引きをして、自分が甘えてしまっては、成長も止まってしまいます。今はまだ、判断が必要な仕事において、上司や先輩、本社に確認して対応することが多いですが、徐々に自分で判断できるようして、仕事のレベルを上げていきたいと思っています。そして、「これは半田さんに聞けば分かる」というような頼られる存在になることが目標です。

学生へのメッセージ
会社は、自分が挑戦できる場所だと思います。障がいがあっても、なくても「自分はこれがやりたい」と、自分の意思をはっきり持つこと、信念を持つことが大事です。信念を持っている人なら、どんな部署に配属になったとしても、成長していくことができると思います。
障がいがあることで、周りに何かをやってもらうことを待つのではなく、「これができない」とはっきり発信することが大切です。職場では皆が、私を一社員として、分け隔てなく接してくれています。私自身、自分らしく働けていると思っていますし、ほかの社員と自分を比べることはありません。また、仕事をするうえで「チャレンジ精神」が必要です。仕事は「今まで通り」で済ませばいいと感じることがあるかもしれません。でも実際の職場では、よりよくするために、何かを始める、改善してみるなど、小さなチャレンジが欠かせません。日頃から、そうした視点を養っておくことも大切だと思います。

私のモチベーショングラフ私のモチベーショングラフ

社員を知るへ戻る

営業系
戸建住宅営業
戸建住宅営業
賃貸住宅営業
戸建住宅営業(店長)
技術系
設計
現場監督
生産技術(機械系)
生産技術(電気系)
生産技術(情報系)
地域勤務職
総務事務
総務事務
営業事務
技術事務
総務事務

Page Top

ページTOPへ戻る