社員を知る

総務事務

総務事務 小堤 奏 感謝される総務になるためには想像して先回りすることが必要

仕事内容を教えてください仕事内容を教えてください

仕事内容を教えてください 総務は縁の下の力持ちとして、住まいづくりに関わる全ての社員を支える仕事です。業務は主に支店内のお金の管理を行う出納業務と、勤態管理、年末調整、備品管理などを行う人事庶務に分かれています。特に出納業務においては、支払日や金額に間違いがあってはなりません。お金の管理は「流れ」が大切ですから、「支払いが間に合わない」という事態が決して起こらないよう、常に先回りをして社員への確認を行っています。
総務と聞いて、ずっと机から離れずに仕事をしているイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。入社以前は私もそう考えていたのですが、実は総務は多くの人たちと関わる仕事です。私が働く支店内の全ての社員と関わるのはもちろんのこと、本社の総務部や経理財務部や他の支店の総務課とも連携しながら業務を行っています。また、外出して銀行を訪問し、公共料金の支払いや手許現金の補充などを行うこともあれば、社外の取引先業者と連絡を取り合うこともあります。

仕事のやりがいや
喜びについて教えてください
仕事のやりがいや喜びについて教えてください

仕事のやりがいや喜びについて教えてください 支店の社員から頼られることが、総務として働く上での大きなやりがいです。支店で働く全ての社員を支える仕事ですから、最前線で働く社員の立場に立って物事を考え、「どうすれば皆が働きやすい環境をつくれるだとう」と常に想像力を働かせています。総務はお客様と直接関わることは少ないため、現場の様子もイメージしづらく、見えない部分も多くあります。だからこそ、想像力を働かせることが大切なのです。経理処理一つとっても、その先にどんな仕事があるのかを想像しますし、社員に対しては、「どうすれば相談しやすい状況がつくれるか」「自分から投げかけたほうがスムーズに行くのでは」など、あらゆる局面で想像を巡らせ仕事に取り組んでいます。
私の役割は、支店の社員たちが最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、日々サポートしてあげることであり、「ここからここまで」と明確に線引きができる仕事ではありません。自分にできることを自ら考えて行動し、そうしたサポートの結果として、社員から「小堤さんがいて助かったよ、ありがとう」と感じてもらえることが最大の成果であり、やりがいと言えます。

「まだまだ、もっとできる。」
と思ったエピソードを教えてください
「まだまだ、もっとできる。」と思ったエピソードを教えてください

総務が行う仕事の中で大きなもの一つとして、社内監査の対応というものがあります。本社の社員が私たちの支店を訪れ、支店の経理や運営状況に、問題がないか検討・評価を行います。以前、社内監査の一貫で、支店としての総務の管理体制を評価してもらったことがありました。その際、本社の方から細かな点まですべて見てもらった上で「成田支店ではここまでやっているんですね。」と感心していただいた事がありました。今まで、私が普段の業務で心掛けていた配慮を本社から認めてもらったという点でとても嬉しい出来事でした。
学生時代の私は、誰かに指示を受けて従う側の人間でした。でも会社に入って今の仕事をするようになって、考えが変わりました。支店全体を見回し、人に対する配慮や想像ができるようになってからは、自然と自分が「何を先回りし、指示するべきか」が見えてきたのです。忙しそうな社員たちに「あれをして、これをして」と案内するのは、最初は抵抗がありましたが、今では「面と向かって話せばみなきちんと対応してくれること」「先回りすることで、トラブルが未然に防げること」を、身を持って知っています。そうした、働きかけを通し、他の社員から頼られ、感謝される存在であり続けたいと日々努めています。

今後の目標を教えてください今後の目標を教えてください

入社した当初は慣れない業務にミスも多く、マニュアルを手放さずに仕事をしていたため、事務処理のスピードも充分ではありませんでした。そんな私を当時の先輩社員たちがサポートしてくれたことで、次第にミスがなくなり、現在のように仕事ができるようになってきました。今後は総務としての業務をより完璧に行い、次は私自身が、当時私を指導してくれた先輩のように、後輩社員のことをサポート、育成できる存在になりたいです。
また個人としては、総務の仕事の中で、今はより上を目指したいという欲が芽生えてきました。総務としての業務だけに留まることなく、社内のすべての事に精通し、幅広く何でも気軽に相談できる「任される存在」として成長していきたいと考えています。

学生へのメッセージ
私は学生時代、大きな成功体験がなく、就職活動の際にも「自分に積水ハウスの看板を背負えるだろうか」と不安に押しつぶされそうになっていました。しかし、不安ばかりを抱えていても前には進めません。たとえ目の前に壁があっても、飛び込んでみて駄目だったら仕方ないと覚悟を決めることで、背筋をピンと伸ばして就職活動を行うことができました。そして、以前は指示を受けるばかりの人間だった私も、今では主体的に行動できるようになれたのです。
当社では様々な年次の社員が働いていますが、社員同士の壁はありません。しっかりとサポートしてくれる会社なので、安心して応募して欲しいと思います。また、社内には育児休暇から復帰して働いている女性社員もおり、結婚して子どもが生まれても続けられる仕事です。やりがいを持って、長く勤め続けたいと考えている方にとっても、積水ハウスは良い環境だと思います。

私のモチベーショングラフ私のモチベーショングラフ

社員を知るへ戻る

営業系
戸建住宅営業
戸建住宅営業
賃貸住宅営業
戸建住宅営業(店長)
技術系
設計
現場監督
生産技術(機械系)
生産技術(電気系)
生産技術(情報系)
地域勤務職
総務事務
総務事務
営業事務
技術事務
総務事務

Page Top

ページTOPへ戻る