社員を知る

現場監督

現場監督 浅井淳基 想像力とコミュニケーションを磨き信頼される現場監督へ

仕事内容を教えてください仕事内容を教えてください

仕事内容を教えてください 私現場監督の役割は、「お客様がイメージされている自分の住まい」を、「現実のもの」としてつくり上げていくことです。
現場監督の仕事は、工事が安全に効率的に進むよう、工程や施工計画を作成し現場では「いつどんな施工をするか」といった詳細な工程を決めていきます。現場には頻繁に足を運び、施工担当者と意思疎通を心掛けています。そうすることで、こちらの意図を伝えることが可能になり、お客様のイメージ通りお住まいをつくり上げることができるからです。また、お客様に対して工事の進捗状況をご報告したり、建築現場にご案内し、ご要望通りに仕上がっているかどうか、実際に目でご確認頂けるようしております。
この仕事は、実際に建築や施工に関する知識を備えていることはもちろん、スケジュールや人などをマネジメントできる能力が必要とされる仕事です。最近、強く感じるのは円滑なコミュニケーションや積極性なども強く求められ仕事だということです。一つの建築現場には数多くの人が携わっており、彼らとのスムーズな意思疎通ができる関係を保ち続けることが、一番大切なポイントではないかと実感しています。

仕事のやりがいや
喜びについて教えてください
仕事のやりがいや喜びについて教えてください

仕事のやりがいや喜びについて教えてください 私はもともと、人とコミュニケーションを取ることが得意ではありませんでした。そのせいか、学生時代のアルバイトも、なるべく人と会話しないで済むようなものばかりを選んでいたような気がします。現場監督に求められるのはコミュニケーション能力や積極性です。建築現場をまとめ上げていくことが果たして自分に務まるのだろうかと…。悩んでいても仕事は待ってくれません。そこで心を決め、私なりに実践したことが2つあります。まず、お客様からの言葉を待つのではなくて、あえて自分から話しかけていくということ。工事の進捗状況の報告をはじめ、会話の材料は色々あることに気づきました。自然とうまく会話が交わせるようになり、やがてお客様にとってより良い施工方法を提案することに結びついたケースも出てきました。お引き渡しの際に「いい家ができました。ありがとう」と感謝の言葉をいただき、とても嬉しかったことを覚えています。
もう一つは、建築現場でのコミュニケーションです。協力工事店のスタッフをはじめ、現場で働く方々の多くは私よりも年上。つまり年下の私が指示を出し、ときには問題を解決に導いていかなくてはならないということです。そこで、常に経験が浅いということをわきまえた話し方を心掛け、職人の方々からの問い合わせには可能な限り迅速に対応する努力を重ねてきました。その結果、担当している現場の進行はずいぶんスムーズになっていると実感でき、また現場監督という仕事の手応えも感じています。

「まだまだ、もっとできる。」
と思ったエピソードを教えてください
「まだまだ、もっとできる。」と思ったエピソードを教えてください

設計職の経験を通じて、図面を見れば、お客様の住まいに対する想い入れやこだわりなど、ある程度理解できるようになりました。お客様にはできるだけ建築現場に足を運んで頂き、工事の進捗状況やお客様の想い入れに対して、ご納得頂くことを大切にしています。時には排水管や配線など、建物が竣工してからは見えなくなる部分まで、きちんとご説明し、安心して頂けるようにしています。
また、住まいをつくる立場から離れ、実際に自分がこの家に住むとしたら何を感じるだろうかと、できるだけユーザーとしての目線で見ることも心掛けています。例えば、将来ここは物干しスペースになるかもしれないと感じたとき、突っ張り棒を設置しても耐えられるように、図面に指示はなくても現場で壁の補強工事を追加するようなこともありました。どんなお客様にとっても、新築の家は正に「夢の実現」なのだと思います。お客様は私たちに「夢の実現」を任せてくださいました。ですから、お客様の先々の暮らしまでをしっかり見据えた、安心な住まいづくりをすることが私たちの義務であると肝に銘じています。そしてお客様の期待に応え、あるいはそれ以上の仕上がりによって喜んでいただけたとき、それが住まいづくりのプロにとっての「いい仕事」なのではないかと感じています。

今後の目標を教えてください今後の目標を教えてください

今後の目標を教えてください現場監督はお客様との距離が近く、自分の力を総合的に成長させる機会に満ちています。人間的にもっと成長できれば、さらに豊かな発想が可能になると思います。もし私が設計職に異動したとしたら、こうした現場監督の経験は設計に生かされることでしょう。お客様からも会社からも信頼される仕事人に成長できた時、自分がどんな住まいをつくれるようになっているのか、今から楽しみです。

学生へのメッセージ
ハウスメーカーを志望する建築学科の学生なら、今から戸建て住宅の建築現場を見ておくことをおすすめします。実際の現場を確認することで、机の上だけでは分からないことを知ることができるからです。その知識は就職活動の面接でも役立つかもしれません。
私は就職活動中に建築という広い分野の中でも「顧客との距離の近いハウスメーカー」に魅力を感じて「積水ハウス」に入社しました。入社後は、大手「ハウスメーカー」ならではのメリットも感じています。例えばお客様はもちろん、建築現場の近隣へ挨拶に行っても、社名を口にするだけで安心していただけます。社会的にも当社への信頼感が厚いことを誇りに思っています。
一方で、社名を背負うことに責任やプレッシャー感じることがないわけではありません。しかし「積水ハウス」という社名に恥じない仕事を、一人ひとりの社員が実践していかなければなりません。そうした気持ちが、ひいてはお客様に喜ばれる住まいづくりの実現に結びついていくのだと思います。

私のモチベーショングラフ私のモチベーショングラフ

社員を知るへ戻る

営業系
戸建住宅営業
戸建住宅営業
賃貸住宅営業
戸建住宅営業(店長)
技術系
設計
現場監督
生産技術(機械系)
生産技術(電気系)
生産技術(情報系)
地域勤務職
総務事務
総務事務
営業事務
技術事務
総務事務

Page Top

ページTOPへ戻る