社員を知る

設計

設計 横倉美佳 答えが一つではない難しさ だからこそベストを追い続ける

仕事内容を教えてください仕事内容を教えてください

仕事内容を教えてください 現在は設計として、戸建住宅を中心に賃貸住宅まで多岐にわたる建築物の設計を担当しています。積水ハウスにおける設計職は、机に向かって図面を作成するだけではありません。営業社員に同行し、ご契約前からお客様の住まいに対する想いやライフプランをお伺いし、図面を作成していきます。ご契約後には、さらにお客様との刷り合わせをすすめ、実際に建築するための図面へと仕上げていきます。
いずれの図面を作成する際にも大切なことは、お客様の住まいづくりに対する考え方や要望、諸条件、ご計画などを正確に汲み取った上で提案を行うことです。こうした業務は「ニーズ調査」と呼ばれ、話を聞くだけではなく、お客様の現在のお住まいを見せていただき、お客様の現在の暮らし方や好みを実際に目で見て確認することもあります。ニーズ調査を経て提案する図面には、物件ごとに「コンセプト」を設定しています。コンセプトはその住まいで実現したい事やお客様の想いを一言で表したものといえます。お客様にとって、ベストなコンセプトや図面を、常に追求し生み出し続けることが私の今の仕事です。

仕事のやりがいや
喜びについて教えてください
仕事のやりがいや喜びについて教えてください

仕事のやりがいや喜びについて教えてください 設計という仕事の難しいところは、答えが一つではないことです。お客様ごとに考えられる提案の数には限りがなく、また設計を行う人間一人ひとりによって答えの出し方も違うので、無限の組み合わせが考えられます。その中でも、私はお客様の要望に合致するベストなのものを常に作り上げたいと考えているので、お客様との打ち合わせに臨む前には必ず自分の考えをまとめる時間を取るよう心掛けています。
住まいづくりのプランニングは非常に集中力を必要とするため、決して妥協せず、熟考。時にはひらめきや発想に苦しむこともあり、会社の机を離れても、ずっと頭の中で考え続けているようなときもあります。
いくつかのパターンを予め用意してお客様に提案を行いますが、ベストな提案に一回で到達することはほとんどありません。お客様や営業と打ち合せを何度も重ね、少しずつお客様にとってベストなプランに近づいていくのです。時間をかけ、回数を重ねた結果、お客様に喜んでいただける提案を行えた際には大きな手応えと、やりがいを感じる事ができる仕事だと思います。

「まだまだ、もっとできる。」
と思ったエピソードを教えてください
「まだまだ、もっとできる。」と思ったエピソードを教えてください

「まだまだ、もっとできる。」と思ったエピソードを教えてください 積水ハウスや他の住宅メーカーや設計事務所など計5社、ご検討されていたお客様がいらっしゃいました。そのお客様の土地は、周囲を高層の建物に囲まれて「上からの視線が気になる」という課題を持っていらっしゃいました。上からの視線を遮ると閉鎖感が出てしまう、という一筋縄ではいかない状況でした。私は、閉じる方向・開ける方向をバランス良く配置したいと考え、建物の上部は吹き抜けで開き、建物の側部は格子状のスクリーンで閉じることで視線を隠し課題を解決。お客様にはアイディアを気に入っていただき、私の提出したプランが決め手となってご契約に至りました。その後、私はこのお客様を含めいくつかの物件をポートフォリオにまとめ、社内の認定資格である「チーフアーキテクト」に応募しました。チーフアーキテクトとは、お客様の評価や社内の評価などを考課し、選出される設計職のトップアップを図る制度です。正直なところ、私には時期早尚と思っておりましたが、上司からの後押しもあり応募。無事認定を受けることができました。先程のお客様に、チーフアーキテクトに選ばれたことをご報告したところ、自分のことのように喜んでいただけいた事が何より嬉しかったです。

(※)チーフアーキテクト制度とは
…設計職のうち、チーフアーキテクトの役割資格を付与することにより、設計職のトップアップを図る制度です。
資格認定には下記の用件が求められます。
① 建築計画・意匠(デザイン)・設計監理に関する能力を発揮し、質・量ともに会社に貢献していること。
② これらの能力を発揮することにより、お客様からの高い満足度、信頼度が得られていること。
③ 他の設計社員からの信頼度が高く、後輩等からのよき相談役になるなど、目標とされる人物であるとともに、業務を円滑に遂行するための対人折衝能力とプロセス管理能力を備えている人物であること。

今後の目標を教えてください今後の目標を教えてください

今後の目標を教えてください チーフアーキテクトの認定を受けることができたのですが、実は内心、まだ実力が足りないと考えています。まだ一人前にはなっていないという感覚です。周囲の優秀な先輩社員たちの手がけた物件を見ると、「こんな提案もあるのか」と刺激を受けることばかり。そのため、今は少しでも早く先輩たちに追い付きたいという意識で、知識や提案力など、設計としての能力を着実に高めていきたいと考えています。
今後、結婚や出産を経たとしても、私は設計という仕事をずっと続けていきたいと思っています。住まいづくりの設計は、それだけ充分なやりがいのある仕事なのです。結婚・出産後も設計を続け、家事や育児と仕事を両立されている先輩の姿は、逞しくもあり私もそうなりたいと思います。

学生へのメッセージ
私の体験ですが、実家を建築した際に当時の家族構成だけを考えて作ってしまったため、祖母が亡くなった後に空間が無駄になってしまったことありました。私はこうした実体験から、ある時代だけで終わるのではなく、長きにわたって住み続けていくことのできる可変性のある住まいを作りたいと考え、それが実現可能だと思い積水ハウスを選びました。積水ハウスは、業界のリーディングカンパニー。その時だけで終わるものではなく、長きにわたって住み続けていける住まいをつくれる場所だと考えています。
住宅メーカーを検討する際に技術力だけで比較すると、その中から一社を選ぶことは難しいかもしれません。でも私が大切だと思ったことは、入社した後にどういう設計ができるかということです。他の住宅メーカーでも自由設計が可能だと思いますが、特に積水ハウスではご契約前から設計担当がプランニングに関われるという点が入社の決め手になりました。設計を志望する学生の方であれば、自分がどういう住まいづくりをしたいかを具体的にイメージして就職活動を行っていただきたいと思います。

私のモチベーショングラフ私のモチベーショングラフ

社員を知るへ戻る

営業系
戸建住宅営業
戸建住宅営業
賃貸住宅営業
戸建住宅営業(店長)
技術系
設計
現場監督
生産技術(機械系)
生産技術(電気系)
生産技術(情報系)
地域勤務職
総務事務
総務事務
営業事務
技術事務
総務事務

Page Top

ページTOPへ戻る