会社を知る

歴史

変化する時代の中で、いつも時代にあった経営や、「住まい」を提供することで成長を続けてきた積水ハウス株式会社。
企業の歴史をターニングポイント毎に整理し、各時代に沿った成長の内容を4つのフェーズに分類して追っていきます。

1960年 積水ハウス産業株式会社設立

基礎確立の時代 日本経済が驚異的な成長を遂げ、国民はマイホームの取得に憧れる。住宅事業に参入する企業が目立つ中、積水ハウス株式会社は鉄とアルミとプラスチックを使用したプレハブ住宅の販売を開始。「家=木材」といった住宅の常識を塗り替える挑戦がはじまる。

詳しく見る ▼

1961年 主力商品の原型となるB型住宅誕生
規格化された部材を工場で生産し、現場で組み立てることで効率良く高品質の住宅を提供できるプレハブ住宅「B型」を発売。業界初の「メーターモジュール」や「アルミサッシ」を採用し、ゆったりとした空間を実現。外観は穏やかな色調とし、内容は木材を多用。設計自由度や快適性が飛躍的に向上。
1962年 自由設計思想の礎となる2B型住宅誕生
都心部で狭い敷地でも部屋数を多く確保できる2階建ての需要が高まっていたことを受け、B型を重ねた2階建て住宅「2B型」を発売。初期は単純な総2階建てだったが「ユニバーサルフレーム・システム」を開発したことで、2階の位置や間取りの自由度が高まり、お客さまの要望にきめ細かく対応が可能に。
1968年 都市部への人口増加に備え賃貸・分譲部門を強化
社宅や賃貸などの共同住宅向け商品である重量鉄骨造5階建て住宅「G型」を発売。近い将来、都市部への人口集中によって賃貸住宅の需要が増していくとの予測を踏まえた対策でもあった。また、住宅と共によい環境を提供していくために宅地開発に踏み切り、不動産部を設置してデベロッパーとして踏み出す。

住まいに対する価値開花の時代 大都市圏への人口集中が進み地価が高騰。しかし70年代中頃より経済は落ち込み、住宅も供給過剰に。住まいに質が求められる時代に、積水ハウス株式会社は戸建住宅だけでなく分譲テラスハウスや街づくりも視野に入れ、安心・安全を追求した住まいづくりを目指す。

詳しく見る ▼

1972年 品質向上に向け新たな構法を採用
枠組壁工法「ツーバイフォー(2×4)工法」を採用した木造住宅「M型」の販売を開始。木造住宅の高い需要に応えるために開発された技術。
1975年 名実ともに住宅業界のトップ企業へ
累積建築戸数が10万戸を達成。1月期決算において大幅な増収増益を記録し、業界トップの座を獲得。
1978年 住まい方から提案する商品化住宅の幕開け
人々の趣味嗜好やライフスタイルの多様化を受け、デザインなどの商品イメージや「どう住まうか」という提案を打ち出す「商品化住宅」が登場。

「質」と「性能」向上の時代 80年代半ばから景気が回復し、生活感にも「ゆとり」や「潤い」を求めてマイホームでの一家団欒を大切にする風潮が現れる。多様化する「住まい」のニーズに応えた住まいづくりを推進。また、環境創造型の街づくりにも取り組み、暮らしの質を提案していく。

詳しく見る ▼

1983年 技術を伝えるために工場見学を開始
工場にお客さまを案内し、技術や品質の高さを理解して頂くためのイベント「工場バス見学会」を初開催。見学会は継続して開催され、積水ハウス株式会社と商品に対する信頼度向上に寄与する。また「教育訓練センター」を開講し、住宅施工に関する実践的な技能の伝承や人材の育成にも力を注ぐ。
1984~1985年 住宅の高級化・デザイン化の推進と素材や商品の新開発
階段やバルコニーに装飾を施したり、各戸の独立性を高めるなど、従来の賃貸住宅のイメージを一新するスタイリッシュな住宅を発売。また防火性、耐衝撃性、耐久性に優れた外壁など、次の時代へと受け継がれていく高い品質の素材も開発。
1988年 六甲アイランドCITY開発
「行きたい街・住みたい街」をテーマに海上文化都市を開発。「街づくりは住まいづくりから」という、従来の機能分離型の都市計画とは全く逆の発想で、衣・食・住の文化を担う多機能複合都市を創造。誰もが暮らしやすい住まいの研究を先駆けて進めてきた積水ハウス株式会社ならではの事業成果。
1993年 新梅田シティ開発
建築家主導ではなく、環境や運営に関わる複数のディレクターが参加し理想の街づくりを推進。2棟の超高層ビルの間に「空中庭園」をつり上げて設置する「ワイヤーリフトアップ工法」の世界初採用や、エネルギーを高効率で利用できる「ガスコージェネレーションシステム」の導入など、新しい試みに挑戦して大阪のランドマークが完成する。

「環境配慮」と「快適性」両立の時代 アメリカの同時多発テロやリーマンショックで世界同時不況の様相となる。また情報化社会が進み、地球環境への意識が高まる中で、積水ハウス株式会社は環境新時代に向けた企業づくりを推進し環境への取り組みを強化。持続可能な社会の実現に向け変革を遂げていく。

詳しく見る ▼

2002年 全6工場でゼロエミッションを実現
積水ハウス株式会社は、ゼロエミッションの指針を「資源のリサイクルを徹底し、熱回収を伴わない焼却、廃材の埋め立て処分をおこなわないこと」と制定。工場生産で発生する廃材の再資源化に取り組み、2002年5月に全国6カ所の工場でゼロエミッションを達成。
2006年 環境との共生「サステナブルビジョン」発表
持続可能な社会とは、地球生態系本来のバランスを基本とし、将来にわたってすべての人々が快適に暮らせる社会のこと。積水ハウスはお客様にご満足いただける住まいの提供を通じて持続可能な社会の構築に寄与するとともに、その社会の中で暮らしの提供をリードしつづける「住環境創造企業」を目指す「サステナブル宣言」を発表。
2008年 「エコファースト企業」認定
地球温暖化対策などの目標やこれを実現するための取り組みが、業界トップランナーとしての先進性・独自性があり、全国の模範となる取り組みであることが認められ、業界初の「エコ・ファースト企業」として認定を受ける。
2009年 「グリーンファスト戦略」発表
家庭から排出されるCO2の削減が、環境保全の大きな課題に。積水ハウス株式会社は2009年に「居住性」「経済性」「環境配慮」を並立させる環境配慮型住宅「グリーンファースト」を発売。次世代の「快適性」「経済性」そして「環境配慮」をかなえ、自然を上手に取りこんだ心地よいエコな暮らしを実践。

2010年 創立50周年に200万戸達成。変わらぬ「お客様第一主義」を基本姿勢に、新たな飛躍へ―

詳しく見る ▼

2010年 累計建築戸数200万戸達成
住宅の累積建築戸数が200万戸を記録する。1960年8月の創業以来、約50年間で東京23区の世帯数の約半分に匹敵する住宅を供給したこととなる。創立50周年を迎えた年に、業界初となる偉業を達成。
2013年 「グリーンファーストゼロ」発売
ワンランク上の断熱性能と先進の省エネ設備を備えた商品ラインナップとして「グリーンファーストゼロ」が登場。これまでよりも消費エネルギーを約半分に削減すると共に、太陽光発などの創エネ設備で生活に必要なエネルギーを創出し、エネルギー収支「ゼロ」を目指す戸建住宅。
2014年 最新スマートハウスの実証実験を開始
東芝、Hondaと3社合同で、埼玉県さいたま市に実証実験住宅を建設。ITやモビリティー、バリアフリーの技術により「一生安全・安心・快適な暮らし」、「モビリティーを含めた暮らしのCO2排出量ゼロ」を目指す、最新スマートハウスの実証実験を開始。
2014年 新「イズシリーズ」の販売開始
1984年に積水ハウスが独自に開発したオリジナル外壁「ダインコンクリート」を用いた主力製品「イズシリーズ」を高性能化。メンテナンスサイクル30年のストック価値向上を実現した「新イズシリーズ」として販売を開始。
2015年 日本初のマイクログリッドによる「東松島スマートエコ防災タウン」の計画を開始
宮城県東松島市と積水ハウスは、災害公営住宅と周辺の病院等を結ぶ自営線によるマイクログリッドを構築し、エリア内でのエネルギーの地産地消と最適な電力供給が可能な、 日本初の本格的スマートタウンの実現を計画。東松島市は東日本大震災の復興として、安心して暮らせる災害に強いまちづくりや「環境未来都市」構想を掲げており、このプロジェクトの今後の展開が期待されている。
2016年 築53年の住宅「セキスイハウスA型」がプレハブ住宅として初めて有形文化財(建造物)に登録へ
1963年に建築した住宅「山崎家及び臼井家別荘(セキスイハウスA型)」がプレハブ住宅として初めて国(文化庁)の有形文化財(建造物)に登録されることが決定。本物件が建築当初の仕様を残して現存する唯一の住宅であることから、戦後住宅業界の一側面を語るものとして評価されました。
SEKISUI HOUSE 50th

積水ハウス50年史でさらに詳しく見る電子ブックページヘ

会社を知る

Page Top

ページTOPへ戻る